メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 国際知財司法シンポジウム(JSIP)

国際知財司法シンポジウム(JSIP)

 知的財産高等裁判所は,日本の知的財産権関係訴訟に関する制度や運営の実情に関する情報を国内外に発信するとともに,諸外国の情報や実情をその国の実務家から直接得られる機会として,平成29年から,最高裁判所,法務省,特許庁,日本弁護士連合会及び弁護士知財ネットとの共催で,毎年,国際知財司法シンポジウム(JSIP)を開催しています。


【国際知財司法シンポジウム2019について】

 令和元年9月25日(水)から同月27日(金)まで,弁護士会館講堂「クレオ」(東京都千代田区霞が関1−1−3)において,「国際知財司法シンポジウム2019〜アジア太平洋地域における知的財産紛争解決〜」を開催します。
 知財高裁が担当する9月25日のプログラムでは,「特許権侵害訴訟におけるクレーム解釈」をテーマに,日本・インド・オーストラリア・大韓民国・中華人民共和国の5か国による模擬裁判やパネルディスカッションを行う予定です。
 日英同時通訳で行われ,参加料は無料です。

・シンポジウムの詳細は,国際知財司法シンポジウム2019をご覧ください。(外部サイトへジャンプします)

・参加登録受付を開始しました。参加登録はこちらから(外部サイトへジャンプします)

・9月25日のプログラムの模擬裁判事例はこちらをご覧ください。(PDF569KB)
(参加登録された方は,シンポジウム当日までにダウンロードまたは印刷することをおすすめします) 

・シンポジウムの概要はこちらをご覧ください。(PDF180KB)
 
・シンポジウム当日の様子をインターネットで中継します。中継をご覧になる方はこちらから



国際知財司法シンポジウム2018

国際知財司法シンポジウム2017

トップに戻る