メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 独英米の裁判官の来庁

独英米の裁判官の来庁

 平成30年10月30日,国際知財司法シンポジウム2018の1日目に登壇するピーター・マイヤーベック(Peter Meier-Beck)ドイツ連邦通常裁判所裁判長,リチャード・ヘーコン(Richard Hacon)英国知的財産企業裁判所裁判長及びリチャード・リン(Richard Linn)アメリカ合衆国連邦巡回区控訴裁判所裁判官が,深山卓也最高裁判事を表敬訪問しました。
 さらに,3名の判事は,林道晴東京高裁長官及び高部眞規子知財高裁所長を表敬訪問した後,知財高裁裁判官及び東京・大阪地裁知財部裁判官と知財訴訟制度に関する意見交換を行いました。意見交換は英語で行われ,各国の知財訴訟における専門的知見の活用,訴訟運営の特徴等について活発な議論がされました。

トップに戻る