メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 国際知財司法シンポジウム2018の開催予定

国際知財司法シンポジウム2018の開催予定

 知財高裁は,平成30年10月31日(水)から同年11月1日(木)にかけて,米国及び欧州の裁判官らが参加する国際知財司法シンポジウム2018を主催することになりました。
 知財高裁は,最高裁,法務省,特許庁,日弁連及び弁護士知財ネットとともに,この国際シンポジウムの開催に向けて準備を進めており,会議初日に,特許権侵害訴訟における特許の有効性をテーマとする,日本,ドイツ,フランス,イギリス及びアメリカの5か国による模擬裁判を行う予定にしています。


・会議の概要はこちらをご覧ください。(PDF601KB)

・会議の詳細,参加登録受付は,国際知財司法シンポジウム2018ウェブサイトへ(外部サイトにジャンプします。)。

・模擬裁判の事例はこちらをご覧ください。(PDF1065KB)

・国際知財司法シンポジウム2017についてはこちらをご覧ください。

トップに戻る