メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > JICA/WIPOの研修生の来庁

JICA/WIPOの研修生の来庁

 平成30年7月9日,大阪工業大学大学院知的財産研究科のJICA/WIPOの研修生3名が来庁しました。
 一行は,法廷において事件を傍聴した後,大鷹一郎第4部部総括判事,山門優判事及び筈井卓矢判事から,傍聴した事件の概要,特許訴訟の専属管轄,技術説明会の実施状況について説明を受けました。参加した研修生は,専門的知見の導入の在り方,知財高裁における審理期間について積極的に質問するなど,活発な質疑応答が行われました。その後,一行は,当庁調査官室を見学し,裁判所調査官から,知的財産権事件における裁判所調査官の役割について,説明を受けました。

トップに戻る