メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 知財高裁研究会の開催(講師:清水節知財高裁所長「明日の知財訴訟」)

知財高裁研究会の開催(講師:清水節知財高裁所長「明日の知財訴訟」)

 平成30年4月27日,知財高裁研究会が開催され,同年5月4日に退官予定の清水節所長は,「明日の知財訴訟」と題して講演を行いました。
 清水所長は,(1)進歩性の考え方について,具体的な裁判例に触れながら判断枠組みを説明するとともに,残された課題を示したほか,(2)知財高裁における審理モデルの形成過程などについて講演しました。また,清水所長は,知財高裁が国際化を図っていく必要性や,外部の研究会に参加する重要性などについても説明しました。

トップに戻る