メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > カリフォルニア州法律家協会国際法セクション代表団の来庁

カリフォルニア州法律家協会国際法セクション代表団の来庁

 令和元年5月13日,カリフォルニア州法律家協会国際法セクションのニール・ポポヴィッチ(Neil Popovich)弁護士,畑晴美弁護士及びチャールズ・カフマン(Charles Kaufman)弁護士が,第一東京弁護士会の高取芳宏弁護士らとともに来庁しました。高部眞規子所長から知財高裁の概要等について説明を受けた後,一行は,高部所長及び熊谷大輔判事と,日本の知財訴訟や米国カリフォルニア州における知的財産権関係のADRの実情,日米の制度の違い,ADRと裁判制度の関係といった事項について活発な意見交換を行いました。

 2019カリフォルニア州法律家協会の写真

トップに戻る