メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 国際知財司法シンポジウム2019の開催予定

国際知財司法シンポジウム2019の開催予定

 令和元年9月25日(水)から同月27日(金)に,弁護士会館講堂「クレオ」(東京都千代田区霞が関1−1−3)において,「国際知財司法シンポジウム2019〜アジア太平洋地域における知的財産紛争解決〜」を開催します。
 シンポジウムには,日本,インド,オーストラリア,大韓民国,中華人民共和国の裁判官及び弁護士,ASEAN加盟10か国(インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス)の裁判官等の登壇が予定されています。
 知的財産高等裁判所は,最高裁判所,法務省,特許庁,日本弁護士連合会及び弁護士知財ネットとともに,開催に向けて準備を進めています。
 知的財産高等裁判所の担当する模擬裁判は,シンポジウム1日目に行います。
 日英同時通訳で行われ,参加料は無料です。
 参加手続及びプログラムの詳細については,決まり次第お知らせします。

本シンポジウムの概要はこちらをご覧ください。(PDF180KB)

トップに戻る