メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > ニューヨークにおけるThree in One: Global Patent Trials

ニューヨークにおけるThree in One: Global Patent Trials

 知的財産高等裁判所の高部眞規子所長は,平成31年4月18日,アメリカ合衆国ニューヨークの Daniel Patrick Moynihan Courthouse, Ceremonial Courtroom を会場として行われたThree in One: Global Patent Trials に出席しました。同会議は,American Inns of Court Foundation(the Linn Inn Alliance, the Hon William C. Conner American Inn of Court)が主催し,AIPPI Japan,Fordham Law School IP Institute,日本特許庁,New Jersey Intellectual Property Law Association 及び New York Intellectual Property Law Association が後援して,開催されたものです。
 同会議では,日本・ドイツ・米国の順で,事例に基づく模擬裁判が行われ,その後,米国及び日本の審判官と企業関係者による Post Grant Review に関するパネルディスカッションが行われ,最後に,裁判官を含む登壇者によるComparative Law Summaries, Q&A と題するパネルディスカッションが行われました。高部所長は,模擬裁判において,日本チームの裁判長を務めたほか,パネルディスカッションにパネリストとして参加しました。日本チームの模擬裁判における弁論及び判決の概要は,Japan Litigation(PDF448KB)のとおりです。同会議では,ドイツ連邦通常裁判所の Peter Meier-Beck 裁判長,米国CAFCの Richard Linn 判事及びニューヨーク南部地区連邦地裁のJ. Paul Oetken 判事のほか,3か国の知財訴訟専門の弁護士・弁理士,米国及び日本の特許庁の審判官及び企業関係者が登壇して,活発な議論が行われました。

 2019高部所長ニューヨーク出張の写真1-1

 2019高部所長ニューヨーク出張の写真1-2
トップに戻る