メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 知財高裁研究会の開催(講師:元日本貿易振興機構(ジェトロ)ニューデリー事務所知的財産権部長菅原洋平氏:「インド知的財産権を取り巻く状況」,特許庁審査第4部審査官北元健太氏:「オーストラリアにおける知的財産を取り巻く状況」)

知財高裁研究会の開催(講師:元日本貿易振興機構(ジェトロ)ニューデリー事務所知的財産権部長菅原洋平氏:「インド知的財産権を取り巻く状況」,特許庁審査第四部審査官北元健太氏:「オーストラリアにおける知的財産を取り巻く状況」)

 令和元年5月10日,知財高裁研究会が開催され,元日本貿易振興機構(ジェトロ)ニューデリー事務所知的財産権部長菅原洋平氏及び特許庁審査第四部審査官北元健太氏による講演が行われました。
 菅原講師からは,ジェトロニューデリー事務所での経験を踏まえて,インド政府の知的財産への取組,インドの知的財産権訴訟の概要や動向と特徴,特許侵害訴訟における権利解釈の原則,標準必須特許訴訟の実情等,インドの実情を具体的に説明していただきました。北元講師からは,オーストラリアにおける知財に関する法令,司法制度の概要,特許権侵害訴訟の審理について,詳しく説明していただきました。
 本年の国際知財司法シンポジウム(JSIP)では,インド及びオーストラリアの裁判官や弁護士を招へいし,模擬裁判を行う予定であることから,両国の実情を聞く貴重な機会となりました。講演後も活発な質疑応答と意見交換がされました。

 2019知財高裁研究会の写真

トップに戻る