大韓民国 特許法院主催の国際知財裁判所会議への出席(11月11日及び12日)

トップ > 詳しく知りたい方へ > 論文等紹介 > トピックス一覧 > 大韓民国 特許法院主催の国際知財裁判所会議への出席

 知的財産高等裁判所の鶴岡稔彦部総括判事及び熊谷大輔判事は,令和2年11月11日及び12日に韓国特許法院が主催する国際知財裁判所会議(INTERNATIONAL IP COURT CONFERENCE,略称「IIPCC」)に出席しました。

 IIPCCは,平成27年以降,毎年秋期に開催され,欧米及びアジアの裁判官,弁護士及び学者などが出席して,国際的な知的財産権訴訟に係る判断及び手続に関し,実務的な協議を行っています。

 本年のIIPCCは,世界的な新型コロナウィルスの感染拡大の状況を踏まえ,例年と異なり,ソウル市内のホテルで行われる会議や模擬仲裁手続に日本をはじめとする諸外国からオンラインやビデオ録画で参加するという形式が取られました。

 鶴岡部総括判事は,‟Major Issues in Design Litigation”をテーマとするセッション3にパネリストとして参加し,日本における意匠権の保護や意匠権侵害訴訟の実情を紹介しました。熊谷判事は,‟Cross-border Issue in IP infringement”をテーマとするセッション4, “Discussion on Standard Essential Patents(SEP) and FRAND Commitment ”をテーマとするセッション5にパネリストとして参加するとともに,標準必須特許(SEP)と意匠権の侵害が問題となった模擬仲裁に仲裁人役として参加し,各テーマに関して日本の実情を紹介し,各国の裁判官と模擬事案について意見交換を行いました。

kokusaikaigi

tsuruoka

kokusaikaigi