事件種類(審決)について

審決取消訴訟の事件種類についての説明は,以下のとおりです。

事件種類
説明
審決(拒絶)取消
拒絶査定に対する不服審判の審決(拒絶査定を維持したもの)に対する訴え
審決(無効・成立)取消審決(無効・不成立)取消
無効の審判の審決(無効・成立は特許等を無効とし,無効・不成立は特許等を維持したもの)に対する訴え
審決(訂正不成立)取消
訂正の審判の審決(訂正を認めないもの)に対する訴え
審決(却下)取消
不適法な審判の請求であってその補正をすることができないものについて却下した審決に対する訴え
特許取消決定取消
特許付与後の特許異議申立てに基づく特許取消決定に対する訴え
商標取消決定取消
商標登録後の登録異議の申立てに基づく商標登録取消決定に対する訴え
審決(取消・成立)取消審決(取消・不成立)取消
商標の取消しの審判の審決(取消・成立は商標を取り消し,取消・不成立は商標を維持したもの)に対する訴え
却下決定取消
審判請求書の却下決定に対する訴え