メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 知財高裁研究会の開催(講師:東京地方裁判所知財部廣瀬孝判事「連邦司法センターでの研修を終えて−米国における最近の連邦最高裁判決の紹介」)

知財高裁研究会の開催(講師:東京地方裁判所知財部廣瀬孝判事「連邦司法センターでの研修を終えて−米国における最近の連邦最高裁判決の紹介」)

 平成29年9月29日,知財高裁研究会が開催され,東京地方裁判所知財部(民事第40部)の廣瀬孝判事による講演が行われました。
 廣瀬判事は,本年6月,4週間にわたり,アメリカ合衆国ワシントンDCにある「連邦司法センター」において,「外国裁判官等のための特別研究員プログラム」に参加し,米国における知的財産権法,特に特許権侵害訴訟の実情について,調査研究を行いました。
 今回の講演では,廣瀬判事から,研修の内容や,今年5月から6月にかけて出た3件の連邦最高裁判決について説明がありました。
 質疑応答では,上記連邦最高裁判決の影響について質問が出るなど,参加者も米国の知財訴訟の実情に高い関心を示していました。

トップに戻る