メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > アメリカ連邦巡回区控訴裁判所Kathleen M.O’Malley判事及びデュッセルドルフ地方裁判所Carsten Haase判事の訪問

アメリカ連邦巡回区控訴裁判所Kathleen M.O’Malley判事及びデュッセルドルフ地方裁判所Carsten Haase判事の訪問

平成29年10月20日,アメリカ連邦巡回区控訴裁判所のKathleen M.O’Malley判事及びデュッセルドルフ地方裁判所のCarsten Haase判事が来庁しました。知財高裁の裁判官から,日本の知財訴訟制度,知財高裁の構成などについての説明がされ,引き続き,両判事と清水所長を始めとする知財高裁の裁判官との間で相互に活発な意見交換が行われました。意見交換では,特許無効の抗弁の審理,裁判所調査官,専門委員,テレビ会議,消尽論などが話題となりました。

トップに戻る