メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 国際知財司法シンポジウム2018

国際知財司法シンポジウム2018

 平成30年10月31日及び同年11月1日に,「国際知財司法シンポジウム2018〜知財紛争解決の国際的連携に向けて〜」が開催されました。
 知的財産高等裁判所が担当した1日目には,日本,ドイツ,フランス,イギリス,アメリカの裁判官及び弁護士が,特許権侵害訴訟における特許の有効性をテーマとして,それぞれ模擬裁判を実演し,パネルディスカッションを行いました。

会議の概要(PDF601KB)

模擬裁判の事例(PDF1065KB)

スライド及び中間判決

2018.10.31国際知財司法シンポジウム2018の開会

2018.11.01国際知財司法シンポジウム2018の閉会

【各セッションの様子】
2018.10.31 模擬裁判(日本)
2018.10.31 模擬裁判(ドイツ)
2018.10.31 模擬裁判(フランス)
2018.10.31 模擬裁判(イギリス)
2018.10.31 模擬裁判(アメリカ)
2018.10.31 パネルディスカッション

【報告記事】
国際知財司法シンポジウムの報告が「知財ぷりずむ2019年2月号」に掲載されました。

「国際知財司法シンポジウム2018」の総括 知的財産高等裁判所長 高部眞規子(PDF922KB)
「国際知財司法シンポジウム2018」の報告(第1日目)〜5か国模擬裁判を通じた「特許権侵害訴訟における特許の有効性」比較〜 知的財産高等裁判所判事 片瀬亮・古庄研(PDF2148KB)
「国際知財司法シンポジウム2018」の報告(第2日目)〜日米欧における特許無効審判等の比較〜 特許庁審判部審判課 企画班長 鹿戸俊介・課長補佐 馳平憲一・企画係長 高田基史(PDF717KB)
「国際知財司法シンポジウムアドバンストセミナー」の報告 日弁連知的財産センター委員 城山康文・相良由里子,法務省法務総合研究所国際協力部教官 小谷ゆかり(PDF759KB)


本シンポジウムの資料は,特許庁のホームページに掲載されています。 特許庁のホームページには,こちらからアクセスできます。

トップに戻る