メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > JETRO欧州知財セミナー講師の来庁

JETRO欧州知財セミナー講師の来庁

 平成30年11月6日,JETRO欧州知財セミナー講師として来日したAlan Johnson弁護士(イギリス,欧州単一特許・統一特許裁判所制度常任委員会元議長),Jochen Bühling弁護士(ドイツ,ドイツ国際知的財産保護協会会長)ら合計5名が来庁しました。高部眞規子所長及び両弁護士からの挨拶の後,高部所長からは,日本の知財訴訟制度の概要,専門的知見に裏付けられた審理実現のための制度及び取組み,知財高裁における国際化と情報発信の状況等について紹介がされました。両弁護士からは,UPC(欧州統一特許裁判所)設立に向けたドイツ及びイギリスの状況,ドイツでの標準必須特許に関係するものを中心とする裁判例の状況等につき説明がされ,これらをめぐり,予定時間を超えて活発な意見交換がされました。

トップに戻る