メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 檀国大学情報知的財産大学院の学生らの来庁

檀国大学情報知的財産大学院の学生らの来庁

 平成30年8月9日,檀国大学(韓国)情報知的財産大学院グローバル知的財産学科のキム・ヨンホ主任教授及び大学院生5名が来庁しました。
 一行は,高部眞規子所長から,日本の知的財産訴訟の概要,調査官制度及び専門委員制度,技術説明会の内容,昨年開催された国際知財司法シンポジウムをはじめとする知財高裁の国際化に向けた様々な取組等について説明を受けた後,高部所長及び杉浦正樹判事との間で,裁判官の考え方の国ごとの違いの理解といった,国際交流を通じた相互理解の醸成や,国際的な知財紛争の解決に果たす裁判所の役割などについて,活発な質疑応答がされました。

トップに戻る