メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > ドイツ修習生らの来庁

ドイツ修習生らの来庁

 平成30年2月22日,Dr. Christopher DANWERTHドイツ修習生(ミュンスター大学研究員)及びDr. Marc DERNAUERドイツ弁護士(中央大学法学部准教授)が来庁しました。
 両名は,ラウンド法廷において,中島基至判事から,知財高裁の概要及び特徴につき説明を受けた上,パロディをめぐる実務上の問題点,専門訴訟における専門的知見の導入の在り方,裁判官制度の実情等につき,両国の比較という観点から,活発な意見交換を行いました。

トップに戻る