メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 神戸大学大学院留学生の来庁

神戸大学大学院留学生の来庁

 平成30年2月15日,神戸大学大学院の留学生3名(Saysamone Souvatdyさん(ラオス外交官出身),Tine Nwe Aungさん(ミャンマー裁判官出身),Rustam Abdullaev さん(ウズベキスタン司法省出身))が来庁しました。
 一行は,中島基至判事から,知財高裁における特許訴訟の特徴として,特許訴訟の専属管轄,大合議制度,調査官制度及び専門委員制度,技術説明会の内容,知財高裁のウェブサイトにおける英訳された判例集の内容,昨年開催された国際知財司法シンポジウムの結果などの説明を受けました。これを踏まえ,受講生との間で,知財高裁の国際交流の取組等を中心として活発な質疑応答がされました。

トップに戻る