メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > ドイツ連邦共和国弁護士らとの意見交換

ドイツ連邦共和国弁護士らとの意見交換

 知的財産高等裁判所の中島基至判事は,ミュンヘン知的財産法センター(MIPLC)に留学中の下道良太裁判官とともに,平成28年7月8日,ドイツ連邦共和国ミュンヘンに所在するホフマンアイトレ特許法律事務所を訪問し,同国のDr. Dirk Schüßler-Langeheine弁護士,Dr. Thorsten Bausch弁理士,Dr. Clemens Tobias Steins弁護士,Holger Stratmann弁護士と意見交換を行いました。
 Schüßler弁護士,Bausch弁理士らからは,中島判事らの質問に応じて,進歩性判断の手法等をはじめとするドイツ知財訴訟の実情について丁寧な説明がされ,その後,同国と日本との比較について活発な意見交換が行われました。

トップに戻る