メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > インドネシア最高裁判所民事室書記官らの来庁

インドネシア最高裁判所民事室書記官らの来庁

 平成28年7月21日, JICAが実施するインドネシア法整備支援プロジェクトに基づき法務省で行われている第1回本邦研修の一環として,インドネシア最高裁判所,同法務人権省法規総局及び同省知的財産総局等から,ラミ・ムリアティ(Rahmi Mulyati)最高裁判所民事室書記官ら計21名が来庁しました。一行は,知財高裁の設樂所長を表敬訪問した後,知財高裁の裁判官から,知的財産高等裁判所の設立経緯・構成,裁判所調査官制度,知財訴訟の特色や実情などについての説明を受けました。引き続き,日本の知財訴訟の平均審理期間や保全・執行といった訴訟実務に関して活発な質疑応答が行われました。また,一行は,裁判所調査官室等を見学し,裁判所調査官等との間でも質疑応答が行われました。

トップに戻る