メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)

HOME > 知財高裁の資料 > 論文等紹介 > 各国特許代理人協会等の会長らの来庁

各国特許代理人協会等の会長らの来庁

 平成28年1月15日,米国知的財産権法協会(AIPLA)のDavid Hill元会長,中華全国専利代理人協会(ACPAA)のPerry Wu Yang会長,大韓弁理士会(KPAA)の Young-Hoe Koh会長ら,英国公認特許代理人協会(CIPA)のRichard Mair国際活動センター長,オーストラリア特許商標代理人協会(IPTA)のJeremy Dobbin会長,タイ知的財産権協会(IPAT)のSatyapon Sachdecha会長,国際弁理士連盟(FICPI)のJulian Crump副会長らが来庁しました。
 設樂隆一所長から,知財高裁創設10周年記念国際シンポジウムにおける模擬裁判の内容等について説明がされ,質疑応答が行われるとともに,上記各団体の会長等からも,それぞれ各国の知財分野における最近の先端的な話題事項等について紹介がされました。

トップに戻る