国際知財司法シンポジウム(JSIP2020)

トップ > JSIP > 国際知財司法シンポジウム2020

 国際知財司法シンポジウム2020(JSIP2020)のウェブサイトはこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。

 アメリカのパネリストが変更になりました。詳細はこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。
 
 知的財産高等裁判所は,日本の知的財産権関係訴訟に関する制度や運営の実情に関する情報を国内外に発信するとともに,諸外国の情報や実情をその国の実務家から直接得られる機会として,平成29年から,最高裁判所,法務省,特許庁,日本弁護士連合会及び弁護士知財ネットとの共催で,毎年,国際知財司法シンポジウム(JSIP)を開催しています。

 4回目となる今回は,令和3年1月21日(木)午後8時から,「国際知財司法シンポジウム2020~日米欧における知財司法の現在地と課題~」をテーマに開催します。
 ウェブ会議形式で開催し,日米欧の法律専門家が知財紛争に関する最新の議論と課題についてパネルディスカッションを行い,その様子をインターネットによりライブ配信します(視聴無料,日英同時通訳)。
 
 裁判所パートのテーマは,
 「特許権侵害訴訟における均等論の実情」
 「新型コロナウイルス感染症の影響下での裁判運営」
です。

 プログラムの詳細はこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。     

 ライブ配信はこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。

ライブ配信視聴前にご覧いただきたい資料
 パネルディスカッションの題材となる模擬裁判動画はこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。
 模擬裁判の事例説明動画はこちらをご覧ください(外部サイトへジャンプします。)。
 判決書はこちら(PDF461KB)をご覧ください。
 模擬裁判の事例はこちらをご覧ください。
 模擬裁判のスライドはこちら(PDF823KB)をご覧ください。

1月21日のパネルディスカッションに関する資料はこちらをご覧ください(シンポジウム開会前に印刷し,お手元においていただくことをお勧めします。)。

「最高裁行政局」YouTubeページアカウント運用ポリシー(PDF122KB)